営業日カレンダー

今月(2017年7月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
翌月(2017年8月)
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
(      発送業務休日)

ふるさと下松

【下松市の名前の由来】

今から約一三〇〇余年前、下松は青柳浦と呼ばれていたそうです。 下松妙見さまの旧記によると、推古天皇の三年(五九五)九月十八日、都濃郡鷲頭庄青柳浦の松の上に大きな星が降ったそうです。七日七夜、光り輝いていた星 を人々は「ただ事ではない」と恐れました。その時、「われは北辰の精である。三年後、百済国の王子が来朝される、その守護の為ここに天降ったのである。」 とお告げがあったのです。人々は急いで社を建て、その星を北辰尊星王大菩薩として祭ったそうです。そこで、星が松に降ったということから青柳浦を降松と改 め、その後、下松と書くようになった、といわれています。 星が降ったといわれる松は、山陽本線下松駅北口、北斗町にあります。昔、降臨の松、連理の松、相生の松という3本の松が鼎立していたことから「かなえの 松」と呼ばれるようになったそうです。木の下には降臨の星を祀ったという金輪社、木のそばには「下松発祥の地、七星降臨鼎の松」と刻んだ石碑が建てられて います。 また、市名の由来については「百済津」から転訛したという説もあります。

【狐の嫁入り】

昔、花岡の上市にある法静寺の住職は里の人々から慕われていた。享保九年(一七二四)のある日徳山へ出かけ た帰り、寺の近くまできて住職は数珠がないことに気付き、あたりを探してみたが、暗くて見つからない。仕方なく寺に帰って床に就いたが、数珠のことが気に なり、なかなか寝付けなかった。時々うとうとしていると、夢うつつの中で枕元に何かが立っていた。「私たちは、しらむが森に死んでいる夫婦の白狐です。数 珠を届けに来ました。代わりに、私たちの骸を人様と同じようにこのお寺に引き取って下さい。願いを叶えてくだされば、お寺や里の人々を災難から守ることを お約束します。」という声で目が覚めた。驚いたことに、失くした数珠が枕元に置いてあった。住職は早速白狐の遺体を引き取り、人間同様に手厚く葬り供養を した。それ以後、「失せ物」が見つかるという霊験あらたかなため、お参りする人が増えていったという。

狐の嫁入りそ の夫婦の白狐は福徳稲荷として境内に祭られ、毎年十一月三日に「稲穂祭」が行われるようになりました。今でも過去帳に夫婦の白狐の戒名が記されていて、位 牌は本堂に祀られているそうです。また、戦後に「狐の嫁入り」が始まりました。狐夫婦を演じる人は毎年秘密にされるのが習わしで、不思議なことに、新婦役 の女性は良縁に恵まれるそうです。そのことから行列に参加すると良縁が得られるといわれ、若い女性の人気を集め毎年多くの参詣者が訪れています。

【花岡八幡宮と閼伽井坊塔婆】

花岡八幡宮は岩徳線周防花岡駅から徒歩約10分の所にあります。和銅二年(七〇九)豊後国(現在の大分県)宇佐八幡宮より御神体を勧請して創建したそうで す。その他に八社坊を建立したそうですが、現存のものは閼伽井坊だけです。境内には国指定重要文化財の閼伽井坊塔婆があります。この多宝塔の建造年代は、 藤原鎌足の建立と伝えられ日本十六塔の一つであるといわれていますが、建築様式から室町時代中期から後期にかけての建造ではないかと推定されるそうです。 また昭和三年解体修理の際「永禄三年庚申年(一五六〇)」の墨書がある木片が発見され、この字が建立年代を示す資料とも考えられています。方三間二重塔 婆、柿葺き屋根で、総高十三.五m、内部須弥壇には金剛界大日如来が安置されています。「閼伽」とは仏に供える清浄の水のことで、「閼伽井」はそれを汲む 井戸のことだそうです。

花岡八幡宮八幡宮には市指定有形文化財として、破邪の御太刀があります。長さは三.六mで、安政六年(一八五九)藤原国綱の作といわれています。また、寛永元年(一 六二四)に寄進された鉄造鰐口も市指定文化財です。大きさは面径三六.三㎝、面厚十七.八㎝。その外に、豊臣家朱印状、大内、陶、毛利家の文書などを含む 村上家文書五十九通九巻や寛政九年(一七九七)奉納の絵馬があります。縦一.八三m、横二.六八mで、江戸寛政期の八幡宮例祭の様子が詳しく画かれてお り、当時の町並みや奉納行事、風俗、演芸などの様子を知ることが出来ます。

【下松市の産業】

下松市の産業農業は米作が中心ですが、穀倉地帯の末武平野は近年都市化が進み、田が減りつつあります。 漁業はヒラメの養殖、発電所の廃温水を利用したクルマエビの養殖などが地元では有名です。 工業では周南工業地帯の一翼を担う重工業都市で、新幹線製造の町とも言われているそうです。大正十年創業で国鉄新幹線の車輌、輸出用車輌、化学プラントな どを製造している「日立製作所笠戸工場」、昭和九年創業で缶製品、ブリキ、住宅機器などを製造している「東洋鋼鈑下松工場」、昭和五年操業で現在は規模を 縮小し、潤滑用プラントのみ稼動している「日本石油精製下松製油所」などが有名です。 商業においては歴史が浅く、以前は隣の徳山市駅前が商業の中心地でした。しかし、一九九三年下松市中央町の日石油槽所跡地に商業施設と文化施設、保険医療 施設をひとつにしたザ・モール周南が進出したことをきっかけに、郊外型の大型店舗が次々に出店し始めました。大型の駐車場を持つ店舗が増えたため、近隣の 市からも多くの人が来るようになり賑わっています。

【下松市の観光・星の塔】

下松市の観光・星の塔『星降る街下松』を象徴するシンボルとして、多数の公募作品の中から「星降る街にふさわしい時報塔を兼ねた展望台」が採用されました。親しみやすく呼びや すいということで、星の塔と名付けられたそうです。丘の上の下松公園に建つ塔からは下松市、笠戸湾の絶景が一望できます。テニスコートやゲートボール場、 多目的広場、児童公園等があり、春には桜、初夏にはつつじを楽しむことが出来ます。

【笠戸島】

真っ赤な笠戸大橋を渡ると、笠戸島に着きます。昔、神功皇后が新羅遠征のため西に下られる途中、この島で宿をとられました。宿を立たれる時、笠を戸口に掛 け忘れて出立されてしまわれたそうです。それ以来、この島を笠戸島と呼ぶようになったと言われています。 その笠戸島、深浦地区に笠かけの松という話があります。昔、剣術使い「佐々木小次郎」が宮本武蔵を追って船で九州に下る途中笠戸島に立ち寄ったそうです。 その時、小次郎が笠を松の木に掛けて休んだと言われていることから、その松を笠かけの松と語り伝えているそうです。

鼻ぐり岩笠戸島の名所のひとつ、はなぐり岩は潮流によってつくられた、牛の鼻に通す鼻ぐりに似ている自然の岩穴です。はなぐり岩にかかる夕日はとても美しく瀬戸内 海でも有数の景勝地となっています。 はなぐり岩のあるはなぐり海水浴場では8月下旬に「笠戸島イカダまつり」が開催されます。手作りのイカダでタイムやデザイン等を競うレースで、遠方からも 多くの参加があります。個性豊かなイカダを見るだけでも楽しいイベントです。また、はなぐり海水浴場に隣接している親水緑地公園は、干満で海水が出入りす る潮入りプールや砂の広場があり、南側には海上遊歩道が整備されました。海上遊歩道は全長約300mあり、海上の散歩や釣り等を楽しむことができます。

下松市生まれのヒゲ将軍、長岡外史の石像2005年12月にオープンした大城温泉「潮騒の湯」がある国民宿舎大城は笠戸湾を見渡せる大城岬近くにあり、宿泊室、宴会場、ハーバルバス浴場等が備 わっています。また、国民宿舎大城から徒歩約2分のところに外史公園があり、下松市生まれのヒゲ将軍、長岡外史の石像があるそうです。長岡外史は民間航空 の創始者といわれ、スキーを広めたことでも知られています。ヒゲの長さは最長69㎝もあったそうです。

FAXオーダー用紙

生外郎のこだわり

売れ筋商品

Best1

ks_01

Best2

top_ph_20

Best3

top_ph_13